世界と視野を広げる!好きなことと人生を共にする方法

玄子(げんし)です。

好きなことを追求すると、世界や視野が狭まると言われますが
果たして本当にそうなのでしょうか?

あんパンの極み!

私が名古屋へ行く度に、ほぼ毎回買ってくるのが

あんぱん。

でもこのあんパン、ただのあんパンじゃないのです。
あんぱん専門店のあんぱん!
あんパンだけを製造、販売しているあんパン専門店。

あんパンの極みと言っても過言ではございますまい。

定番のつぶあん、こしあん、ホイップ(一番人気)に加え
季節やイベントに合わせて新作が登場するので
行く度に食べたことのないあんパンにお目にかかれるのです。

あんパンだけを追求しているこのお店、
三国志が好きってだけで今日まで生きているような私にとって
他人事じゃなく、親近感を勝手に抱いてしまいます(^_^;

好きなことで世界を広げる

好きなことを追求すると、世界が狭まると言われますが
それはきっと、好きってのめり込んで、好きって感情だけで終わっているから。

そうではなく

もっと知りたい、
もっと味わいたい
もっと色んなバージョン造ってみたい

そんな「もっと」したいことがあれば
好きなことで世界は狭まるどころか
無限に広がっていくのです!!!

どうせなら、好きなことの世界にどっぷり浸っちゃいませんか?

 

趣味の道を楽しむ方法

昨日は、あんパンを買う前に、名古屋で行われたセミナーに参加してきました。

何のセミナーかと言えば、趣味起業のセミナー☆彡

ちなみに、今更だけど、だからこそ確認。
趣味とは何かと言えば、好んで習慣的に繰り返し行う行為、事柄やその対象のこと。
道楽。
道楽とは、道を解して自ら楽しむって意味です。

意外と、、、奥深いですね(o^^o)

趣味だからと言って、馬鹿にされたり、卑下したりするものではなく
好きなことの持つ魅力、その「道」の奥深さや面白さを
第三者のレビューや世間体に囚われることなく、自分自身が求めて楽しむもの。

好きなこと、趣味に没頭すると視野が狭くなるのは
まだまだ、趣味の域に達していないのかも!よ?

昨日、セミナーに集った方達は
みんな、それぞれの道を自ら楽しみながら表現されていました。

ライバルとか同業者とかって感じじゃないので
和気藹々としながらも、
「その話、自分の活動に取り込めそう♪」ってゆるゆると学べる感じでした。

なので、懇親会も全員参加!

今年、一番多くの人と接したなぁ(*^O^*)

三国志道楽な生き方

三国志が好きってだけで今日まで生きているような私にとって
三国志こそ、視野と世界を広げてくれた人生幹そのもの。

 

でも、三国志が好きって感情だけでは
一時のブームや思い出として終わっていたと思います。

三国志を一通り読んで
「もっと」知りたいって思ったから
三国志関連の本を内容も確かめずに
三国志ってだけで買い漁り

 

それでも足りないってタイミングで
初めて実写版の三国志が日本へ上陸。

 

それを見たら
「もっと」三国志の文化を知りたい
って思うのと同時に
中国語が全く分からない自分に苛立ちました。

こんなにも大好きなのに言葉が分からないって何なの?と。

好きってだけで何の努力もせずに外国語が解るはずもないのに
そんなの常識なのに、納得できませんでした。

で、ここがきっと、分かれ目。

好きって想いだけではどうにもならない時が勝負!

三国志や好きなことだけじゃなく、人との関係でも言えますが
好きって想いだけではどうにもならない時ってありますよね、ありましたよね。

そんな時、どうしますか?どうしましたか?

こんなに好きなのにダメなら、、、もう疲れた、ダメだわって諦めるのか
相手を理解できるよう、こちらから歩み寄っていくのか?

もちろん、相手が「いやだ」「迷惑だ」と言っているなら嫌っているなら
潔く、相手に不快な想いをさせずに撤退するのが人との関係で大事なことですが
好きなことは、「もう好きにならないで」とは言ってきません。

その代わり、「これでも好きか?」って気持ちを確かめるように
試練や壁、課題を次々とぶちまけてきます。

これは段々レベルが高くなるので
好きなことに飽きたり、マンネリ化することはありません。

え?何もないよって人は行動をする時。
このままでは、想いや情熱は醒めてしまうので
今までやっていなかった新たなことにチャレンジしてみてくださいね!

 

そんなこんなで気付けば、好きなことと人生を共にしちゃっているのです。
なので、好きって想いだけでは無理か、、、も、、、って時は
好きなことが自分の気持ちを試している、
次のステップに行くかどうか伺っている時だなって思って
好きって想いがあればこそ乗り越えられる道を
自分が納得できるまで探してくださいね!

今日もお付き合いいただきありがとうございました〜!