偉人と凡人の違い〜初出茅廬〜

人生の師・諸葛孔明先生を尊敬愛しすぎて
今日まで生きている
諸葛孔明先生ファンクラブ日本代表
諸葛丞相.comの玄子(げんし)です。

今日も孔明先生に学ぶ成語な人生をお届けしまぁす!

今日はこちら

初出茅廬〜孔明先生の初陣〜

三国演義の出典。

元々は孔明先生が初陣を飾って勝利し
それまで不満を抱いていた
関羽、張飛両氏を黙らせた博望坡の戦いを指しましたが

それはあくまでも偉人、孔明先生のお話。

我ら凡人向けの意味としては

社会に出たばかりの
右も左も分からない経験の浅いヒヨッコ
って意味で使われているそうです(−_−;)

そこじゃないのよ、ポイントは!

孔明先生が初戦を飾った偉大な成語故事って書くと
「それは三國演義の創作だ!」
って躍起になって聞いてもいない反論をしてくる人が
いそうですが

そこじゃないのよ、ポイントは!

三國演義と史実の粗探しや
間違い探しをしているわけじゃないのですよ。

中国語文化に触れつつ
三国演義で有名なあの場面が
今ではどんな風に使われているのか?

1800年もの間
どれだけ孔明先生が中国の人に慕われているのか?

を感じて欲しいのです。

ってことで。

この孔明先生ファンクラブブログでは
そんな感じで愛と情熱を込めて綴っていきますので
理解できる方のみお楽しみくだされ〜。

玄子(げんし)