孔明先生の名前を中国語で読んでみよう!

記念すべき元旦の今日は孔明先生の名前の魅力をお伝えします。

姓は諸葛

中国の人と筆談する時には诸葛と書きます。
言偏の簡体字も今覚えておくと何かといろいろ便利です。
ありがとう、で有名な谢谢も謝って漢字の簡体字です。
サンズイでも人偏でもございませぬ。この際、覚えちゃってください。
で。読み方!ピンインの基本が分かっているのを前提にしていますので、分からない方はちゃんと勉強してくださいね〜。
諸:zhu
葛: ge

です。

なので私の名前も諸葛(zhuge)奈津美(なつみ)と読みます。

諸葛に込められた漢字の感じとは?

諸:堵(塀、垣根)の中に埋めた呪符(災厄を防ぐ護符)を書といい、そこに書かれている辞(ことば)を諸といいました。

葛:古くは祭祀の服に葛の茎の繊維を使っていたので「葛」の漢字に一種の神聖感が与えられ祝頌(しゅくふく)の発想を誘うよう用いられていました。

とのことですが書とか、神聖感とか現代でも知恵の神様として崇められている孔明先生を現しているなぁと感じました。

続いては「名」です。

名は亮

亮:Liang

漢字の感じ:元は儀礼に関する字で、神明に告げるという意味があるそうです。

意味は明るい、とかはっきりしているってのが代表です。

また、亮という名であれば、字には同じ意味をもつ「明」を付ける、とも言われていたように孔明先生の字にはしっかりと「明」が使われています。

で!ここまでは漢字の成り立ちと、中日辞典の提供でお伝えしましたが、

ここから提供する古代漢語は熱かった!!!

孔明先生の名前が熱い!

「亮」の古代漢語には

image

輔ける、忠貞、高潔って意味があったのです!

二代にわたって忠義を尽くして補佐をした高尚な人格者・忠武侯孔明先生そのものではござらんかぁあああ!!

古代漢語の熱さをどこまで極められるのか?

続いて字です!

 

字(あざな)は孔明

 

孔:Kong

程度が甚だしい、の「はなはだ」或いは穴の意味として使われていました。

明:Ming

日は太陽ではなく、窓を現します。夜に窓から月光が入り込むと、そこは神を迎えて祀るところである、とされていたことから、神を神明ともいうようになり、明は神聖感を持つ語とされています。

祠事、孔(はなはだ)明らかなり

孔明先生が生まれるよりもずっと前の時代に書かれた『詩経』にある一文。
もしかしたら、字をつけるときに一役買ったのかもしれません。

 

字に込められた意味は人生の予言?

 

さてさて。ここでも字に込められた意味を古代漢語から紐解いてみます。

には深遠って意味もありました。

宇宙や大空の深くて遠い、奥深さや

文化、意義、意味、影響が深くて大きいって形容する時に使われます。

不羈の才(ふきのさい:才智が並外れていて常軌では計り知れない、誰にも束縛されない非凡な才能)を持ち、後世や諸外国に多大な影響を与えた孔明先生そのもの!!!

は、先述した明るさや神明って意味以外に明智、賢明って意味も備えています。

玄徳公が「明智があって忠義心に篤い君に任せたい」と孔明先生に後事を託したことからも、孔明先生の字は、孔明先生の人徳、才徳が反映されているのがわかります。

さて!孔明先生の名前を全部お伝えしたから終わり、ではないのです!!

諸葛亮孔明、ここまで中国語で読めても、孔明先生に直接会った時に呼び捨てしたら打首になるかもしれません。

ってくらい、とっても失礼無礼この上なし!

ってことで。

丞相の中国語読みは?

 

丞cheng

相xiang

chengxiangと読みます。

そしてふと気づいてください!

当サイトのアドレスは

Zhugechengxiangドットcom

だったのです。(ドットをそのまま打つとサイトのトップページが勝手にリンクされるのでカタカナ表記にしました)

実はこれ日本語訳

諸葛丞相.com

ってことだったのです。タイトルそのまま!!!

ということで。今年も諸葛丞相.comをよろしくお願いします!