心身ともに身軽ですか?

諸葛流文霊想作家の玄子(げんし)です。

*文霊(あやだま)とは?

時代、時空、国境を越えて読む人の心を動かす力を持っている字には(魂、精神)が宿っているという概念から生まれた玄子の造語です。

孔明先生の文霊はとても奥深く、普通に兵法書として読み流すにはあまりにも、もったいない!
ので!!「現代生活で活用するには?」という私独自の視点と、孔明先生の人柄や魅力を取り入れながらから文霊を想作しています。

前回の文霊 絕情慾 の続きからです。

今日の文霊*誡外生書4

棄疑滯

棄:やめる、放棄する

疑滞:判断がつかない、難しく分からない精通していないこと

 

今日の心譯

 

わからないことや、精通していないことにいつまでも拘らない!

ってのが意訳です。

あっという間の人生。
くだらないことに時間を割いているほど暇じゃありません。

知りたいこととして調べたり行動するわけでもなく
わからないからやらない、

やってみなきゃわからないのに
やってみるのが怖いから、どうなるか分からないからやらない、、、

でも、行動しないからいつまでも、わからないまま。

今の時代、1年後どころか1ヶ月先もどうなるかわかりません。
それなのに考えてもラチのあかないことに苛まれたり
不安や悩みに支配されて今ある幸せや楽しさを既読スルーしていては
悩みや不安だけに押し潰される人生になってしまいます。

「これは考えても仕方がない!」と思ったならそれを棄てる勇気も必要です。

何でもかんでも抱え込んでしまっては身動きが取れなくなってしまうので
心身ともに動ける身軽さを維持してくださいね!

 

ということで私なりの解釈はこちら

考えてもどうにもならない不安や悩みは棄てろ!!

 

心譯*玄子(げんし)