人生を変えた電光石火の一目惚れ!

三国志に学んだ人間力の高め方を伝えている玄子(げんし)です。

好きなことを知る簡単な方法ってご存じですか?

それは、お金と時間を懸けているもの。

自分自身の意志で「気付けば」時間とお金を懸けているもの。

他の人がなんと言おうが、それこそが自分にとって人生と情熱を懸けるに値する好きなこと。

私にとっての三国志もまさにそれ。

お小遣いをもらっては、横山三国志全60巻を揃えるのに全額投球し

三国志関連の雑誌を買っては、史跡の写真を切り抜いて、その場にいる自分を想像していました。

そんな風に三国志の英雄たちへの思いを募らせていると、何が何でもやりたいことが出てきました。

 

三国志の国へ行きたい!!!

三国志への思いが深まれば深まる分だけ、彼らの国へ実際に行ってみたい!と本気で思い始めました。

でも、その前にやるべき事がありました。

それは、高校受験。

中学時代は山形市→米沢市と転校していましたが、高校になると転校は難しいので、生まれ故郷である秋田を受験することになりました。

偏差値とか、学校の状況とか、噂とか、制服とか知ることが出来るのは当然、米沢市内の学校のみ!

教師たちも忙しいので県外受験をする私のことは、放置していました。

・・・ということは!!!!!

私の成績を判断材料にして、教師に進路を命令されて決められることはない!!

成績問題さえクリア出来れば、私が行きたいところを勝手に受験すれば良い!!!

ある意味、自己責任で自由です!

そんな時、秋田の高校の情報で唯一私の耳に入ってきたのは

 

修学旅行先が中国の学校がある!!!

まるで私のために存在しているような学校の情報でした。(十数年前に無くなっちゃいましたが(゚´Д`゚)

そんな都合の良い予感を胸に受験し、無事に合格したことで

「修学旅行で三国志の国、中国に行く!!」という、夢の実現を確信しました。

 

でも、親や親戚は兄と同じレベルを目指せ!妹なんだから!!と世間体を考慮して無茶なことを言ってきました。

そこで私は、親戚一同を納得させるべく、敢えて兄と同じ学校を受験。

いわゆる「記念受験」ってやつです。

「記念受験」を以て本命を制する♪

結果、記念受験は予定通り記念として終わったので、私は、私を中国に連れて行ってくれる学校へ無事に入学!

我がこと、なれり!!!( ̄ー☆成績優秀じゃなくて良かった♪

幸い県外受験だったこともあり、教師たちは私が記念受験したことに、卒業式当日に気付き、驚いていました。

「その成績だったら、普通受験しないでしょ?」と。

うん。だから記念受験なのです♪

仮にこれが、県内受験だったら絶対に、確実に入れそうな公立を勧められて、修学旅行目当ての志望動機なんて馬鹿にされて終わっていたはず。

人生、何が本人にとって本当に望むことなのか?

何が本人にとっての幸せなのか?

そもそも、生きるとは何だろう?

高校に入ると、そういうのを考え始めるお年頃になり、平凡な暮らしに慣れると、私の三国志熱も落ち着き始めていました。

が!!!

今思えばこの時が、人生で一番、三国志熱が沈静化していた嵐の前の静けさ期だったのです。

電光石火の一目惚れ!

修学旅行が中国!という理由だけで受験、入学した高校生活。

人生で一番、のほほんと、まったりした時間を過ごせました。

あの10日間を除いては!

春休みが終わり、高校2年になる直前の4月。

唯一の志望動機である修学旅行がやってきました!

しかぁし!

 

1年経つと10代でも老ける?(´・ω・`)

 

三国志熱も落ち着き始めていた私にとって、修学旅行への期待感は、それほどでもなくなっていました。

それどころか、

「憧れの国へ行って、憧れが砕かれたらどうしよう〜」

なんて杞憂までする始末!

入学したことで既に、夢を実現したと思い込んでしまったのかも。

心の老化がかなり進んでいたことは否めません!

そんな、老化した心の状態で船に揺られて2泊3日。

知る人しか知らない秋田の土崎港から、中国で知らない人はいない(であろう)世界の天津港へ!!!

飛行機がある時代に何で態々、船なのかといえば、遣隋使や遣唐使は船で中国へ行ったから!!

先人の苦労を味わいながら、感謝を忘れないためにも船で行くことになっていました。

※余談ですが、この素晴らしい想念は数年後、「船の時代はオワタ!時間の無駄!時代を考えようよ!」って理由で飛行機に変更されましたが、その後間もなく高校そのものがオワタ!のです。

そしてついに、念願(だったはず)の中国大陸へ上陸!

地元の小学生に熱烈歓迎されて、バスに乗り込むと、そこにはー

イケメンのバスガイドさんが!!!

女子クラスだったので、クラスメートも、先生も大いに喜ぶ!

そして私は中国大陸へ着いて30分後に、人生、唯一にして最大の一目惚れをします!

その相手はー

でした!!!

バスガイドさん?ではなく彼です、彼↑

 

中国大陸の地平線に一目惚れ!

地平線に一目惚れ!って冷静に考えなくても、奇怪ですね!

変態レベルかもしれません。

 

でも、地平線を見た瞬間、

「私はこの国で生活する!!」

って決めました。

 

喩えるなら、出会った瞬間に

「私、この人と結婚する!!」

みたいな直感です。

 

もし「運命の出会いを見抜く力」が一人につき一回ずつ与えられているとするなら、私はこの時、全力で使い果たしました爆  笑

三国志の英雄たちが所狭しと駆け巡った大地が、こんなにも雄大ってことは、三国志英雄、どんだけ凄いのよ!

偉大すぎ!!!!

この天地を相手に、あんな策略やこんな策略、天下三分の計を実現した孔明先生ー死ぬまでついて行きます!

地平線越しに、そんな想いに辿り着いた瞬間、私の砂粒ほどの人生観は雷に打たれて真っ二つに割れ

人生が変わりました。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!ミタ━━━(゚∀゚)━━!!!決めた━━━(゚∀゚)━!!!

そしてそれは老化し始めていた私の心が、二度と沈静化することのない、不老不死の情熱を手に入れた瞬間でもありました♪

こうして最高の修学旅行を満喫して、運命の未来とも出会えた私は、手始めに中国語を学ぶことにしました。

しかぁし!愛に障害はつきもの、と古来より申します、、、。

何をやっても中途半端!の代名詞

「何をやっても中途半端だからダメ!お金の無駄遣い!家にそんな余裕はありません!!!」

 

初めて自分からやりたい!と思えた夢は、僅か数秒で玉砕!

今までは、兄のついでの習い事ってだけで、私はやりたくなかっただけ!

本当にやりたいことがなかっただけ!!!

ですが、それまでの前科が私の未来に暗雲を漂わせました。

神頼みっぽく「親が応援してくれる」っていうおまじないまでやってみたけど、我が親には効きませんでした。

 

中学時代から感じていたけど再確認!!!

神様は、、、頼りにならない!!!

だったら、、、

 

こんな時、三国志の英雄だったらどうする?

草鞋を売って生計を立てていた玄德殿は

「俺、皇帝になる!!!」と言って

「滅多なことを言うもんじゃない!」

と叔父さんにたしなめられましたが、

「皇帝になる宣言をするなんて。こいつは、、、大物になるかも!」

と密かに喜んだ叔父さんは、自分の子供ではなく、甥の玄德殿に希望を見出して留学させました。

・・・( ̄_ ̄ i)ダメだ!

私の周りには、こんな物わかりの良い親戚はいない!!!

玄德殿のライバル・魏の曹操殿はどうでしょう?

「協力してくれないなら・・・斬るまでだ( ̄ー☆」

∑ヾ( ̄0 ̄;ノそ、それは流石に、、、

私には曹操閣下(←閣下って感じの方なので(^_^;)のように、大人を威圧する強さはありません!

 

もっと深読みしてみよう!

 

それでもヒントをくれたのはやっぱり、三国志の英雄たちだったのです。

表面上の言葉だけ追っていては、時代も違うし、家庭環境も違うから、絶対に無理なことが多いです。

が!!!ポイントは、言動の本質

玄德殿は皇帝になる!と言って何をしたか?

曹操閣下は協力を得て何をしたか?

二人とも、生涯のライバルなのですが、本質は同じ。

彼ら二人だけじゃなく、三国志の英雄は、みんな同じかも。

それはー

今出来ることを口先だけで終わらせずに行動で示す!!!

これ。現代の生活でも重要ですよね。

行動しましょう、って昔から色んな人が言っているのに現代でも、行動が大事!って言われるのは

行動するのって時代に関係なく、難しいこと。
だからこそ
行動してこそ意味がある!ってことですよね。

行動力は、あくまでも個人の力

行動力。こればっかりは、本人次第。

そんな大前提に気付いた時、私はあっさりと中国語を学んでいました。

保護者の許可がなくても学ぶことの出来るラジオ講座で!!!

テキスト代は1ヶ月500円以内だし、ラジオ講座なので親もさすがに介入してきませんでした。

実際にラジオ講座を受けると
「中国語、楽しすぎ〜〜〜〜」
英語とはまるで正反対!!!

ワクワクが止まらない!!!
毎日、新しい発音や単語に触れるのが楽しくて、留学している気分になれました♪

でも、この時はまだ留学は考えていませんでした。

「いつか中国行きたいな〜」程度です。

そんな淡い思いを募らせているうちに、高校3年生。
またまた受験シーズンになりました。

誰のための人生?

「あの世で三国志の英雄たちに会えるよう、中国語と中国文化をどっぷり学びたい」

これが私の唯一の希望でしたが、志望大学の説明会に参加して愕然としました。

就職のために学ぶ中国語ってなんなの!?
就職だけが人生なの?
それって誰の人生なの?

そんなの、、、おかしい!!!
人生幾何ぞ!!!って曹操閣下も言ってるし!

私は、私の人生のために、生きる!!!

日本では学びたいことが学べない、という現実を前に私が出した答えは

「日本の大学だけが大学じゃない!
中国語を学べるのは日本だけじゃない!
・・・だから・・・留学します!!!

ということで!

今日の三国志に学ぶ教訓

今出来ることを口先だけで終わらせずに行動で示せ!

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございました!!!