反骨精神に火をつけろ!

玄子(げんし)です。

本当にやりたいことって、やらずには死ねないですよね^^;

誰かや何かのせいにしたり、気にしたりして、
やらずには死ねないレベルの好きなことをやらなければ
その誰か、はもしかして満足するかもしれないけど、

その人の予言通りに人生を選択することが幸せなのでせうか?

もしかして、やった方が成功するかもしれないのに。

生きた甲斐のある人生を送れるかもしれないのに、、、。

反骨精神に火をつけろ!

反骨の相といえば、魏延!ってイメージですが(^◇^;)違います!

反骨精神です。

私の思う反骨精神は こんな感じ です。

やる価値がないと言われたから、ああ、そうですかと引き下がるのではなく
やらないくらいなら死ぬわ!って勢いで闘争心を燃やすのです。

でも、戦う相手は言った人ではなく、自分。

自分が納得できる結果が出るまでやり続ける。

たとえ期限を切られてそれまでに結果が出なければ諦めろと言われても悪足掻きしまくる。

人生でやりたいことは誰が決める?

やりたいことをやるのも、諦めるのも決めるのは自分です。

たとえその道の専門家や有識者が諦めろと言っても、諦めがつくまでやり続けるか否か決めるのは自分です。

やりたいことや、諦めるタイミングまで人任せにしちゃいけません!

誰がなんと言おうと、自分の人生でやりたいこと、やることは自分で決める!

なんだかんだ言っても、「最終的に決断したのはあなたでしょ」って言われる人生です。

孔明先生の文霊(あやだま)〜忠義〜

 

全身全霊を尽くして自分の人生に責任を持つことを「忠」と言い

困難に遭遇してもいい加減なことをせず、責任を持って対処し

人生をかけて己の信念を貫くことを「義」という

 

原典*孔明先生先生著「心書」
心譯*玄子(げんし)

忠と義の根幹にあるものとは?

人生に対する責任、人生をかけて貫く信念。

好きなことや、やりたいことがあればこそ出来るわけではありません。

好きなこと、やりたいことがないってのを理由に、漠然と長されるがまま、浮き雲のように生きるのと
好きなことや、やりたいことがなくても、自分の人生に対して責任と信念がある人って違いますよね。

好きなことや、やりたいことがなくても、どんな人格、どんな人柄、どんな人間力のある生き方をしたいのか?って内観して、やりたいことを無闇に探すよりも、ありたい自分に気付く方が周りへの影響力も違います。

でも、実際にどうすれば?って時こそ、三国志を始めとする先賢の叡智や生き方に謙虚に学んでみてください。

周りにお手本となる人がいなくても、書店へ行くことで時空を超えた奇跡の出会いが待っています!

ネットだと、レビューが偏見をもたらすこともあるので出来ればリアルの書店へGO!

そこで今週の売り上げとかベストセラーとかに固執せず、自分自身の考え方や価値観、縁の合った人に私淑してみてくださいね!

今年もあと1週間を切りましたが、まだ1週間あります!

2018年、最後の縁を求めるにはまだ十分!

時空を超えた縁をこの期間に探してみてはいかがでしょうか?

、、、とはいえ、この記事でも書いたように、期限は自分で決めるもの( ´ ▽ ` )

縁があった時が、ベストのタイミングなので慌てず、焦らず楽しみながら、年末っていう1年に一度の大きな締めくくりを活用してみるのもまた、一興ですよ!