善は春雨の如く

玄子(げんし)です。

中秋節快楽\(^o^)/

日本では、中秋の名月ってしっとりした雰囲気の中
静かに月を愛でる雰囲気がありますが

初めて中国で中秋節を迎えた時、
思いの外、重要視されていて驚きました!

それ以上に、月餅の美味しさに目覚めましたが
中国の月餅って青空市場の手作り月餅が一番美味しい気がします(^▽^)

留学生として中国に行ったから
どうしても基本は現地の人が好きなものが多くなるのかも。

なので、初めの第一歩って自分の基盤や、基本、判断基準になったりしますよね。

これって三国志も同じです。

三国志の基盤は?

三国志への扉は、あちこちにありますが、
これはオススメだけど、これはダメっていうのはありません。

自分の価値観と心に合ったものを大事にしてくださいね♪

それがたとえ、他の人や著名な人、或いは友達のレビューが
良くなかったとしても、です。

自分で良いとおもったけど、レビューが良くない。

だからといって、自分の価値観や感性が間違いなんてことはありません。
『合わない』と思った人と見方や感じ方が違うだけなので
いいなって思ったものや、心に響いたことは人のレビューよりも優先させて
大事にしてくださいね!

心に響いたら追求せよ!

自分軸に拘ってしまうと、ここで
他人の意見を気にしてしまう自分と戦うことになります。

が!

私がオススメしているのは自分軸より人生幹!

人生幹を樹立するなら、心に響いたことを追求します。
他人の意見に振り回されない自分ではなく
他人の意見はどうでもいいから、好きなことを追求する自分。

そしたら必然的に、他人の意見や顔色を伺う暇もなくなります。

それでもやっぱり気になってしまうなら、
今はまだ、その時では無いのかも知れないし
そこまでの縁ではなかったのかもしれないので無理しない。

いつかまた、違うタイミングで縁があるかも知れないし
袖触れ合うも多生の縁だったのかもしれないので

他人の意見も、それに振り回される自分も気にしない。

振り回されて自分軸ないなぁって自分を責めない。
自他の軸を気にするよりも
心に響いた、琴線に触れたこととの縁をどうしたいか?

追求方法を考えてくださいね。

それを続けているうちに
人生幹が自然と根付いていくので

自分の心の速度と歩幅で楽しんでくださいね!

 

無理に無駄に気遣うのやめました!

私自身も、人に出来る限り気を遣って
相手が快く思えるよう頑張ってきましたが
意外とそういう頑張りって、相手に伝わらないし
意味が無いことに気付き
勝手に気を遣って、勝手にしんどいのって違うよねってことで

自分の距離感や心の重さを加減しながら
無駄に空回る人付き合いよりも大事なこと、、、
三国志作家として、
文霊想作家として、
三国志求道者として
私がこの人生でやりたいことを優先させています。

そんな私に愛想を尽かして遠ざかる人がいるなら
それは、それまでの縁なので追いません。

もう、無理に気遣って心身の健康を害したくないので。

そんな私の心に響いた言葉は

善は春雨の如く

無理に頑張って何とかしようって時って
充分に水をあげているにもかかわらず
「まだダメなの?」って
自分の飲み水を我慢してまでも何とかしなきゃって焦っているような
そんな感じでした。

でも、そこまでする必要はなかった。

大地を湿らせて苗を生長させる春雨のような
そんな柔らかさで充分なんだと気付かされました。

誰に?

この文霊は誰かと言えば、、、

孔明先生でした!!!

善は春雨の如く。

この文霊が心に響いたなら
『善』をご自身の心境や環境、状況に合わせて
想作してみてくださいね!