後悔しないためには【納得】する!

玄子(げんし)です。

選択肢があった時に
誰かに言われて選択していますか?それとも
自分で納得してから選択しますか?

それ、納得していますか?

誰かに言われたから、とか
それが普通だから、とか
納得せずに選択してしまうと

後々、上手くいかなかった時、
違うなって思った時、
選択する時に言うことを聞いた、誰かや何かのせいにして
後悔してしまいます。

決断したのは、最終的に自分自身なのに。

自分の人生のことなのに、
誰かや何かに流されてしまっているって感じたら

自分自身が納得できるのは何か?

感情に流されず、思考を重ねることで
考え抜いて、自分自身も納得出来る道を選んでください♪

過去の行いが気になる?

これから先のこと、自分が納得できる道を選ぶことで
誰かや何かのせいにして後悔することはなくなりますが

あの日、あの時、あの選択、あの言動は正しかった?
って気になるのは、納得していないから、なんだそうです。

誰かに助言されても、それはあくまでも
参考にする意見の1つ。

他の人の意見や状況と天秤にかけながら
自分なりに調べることは調べて、
自分の納得のいく決断を下す。

今日の出来事も、当然、過去になります。
その時に「あの時、なんであっちを選んだんだろう」
って後悔しないためにも

自分で納得の出来る選択を心がけたいですね。

 

孔明先生の文霊

実際に行動する時は思いつきや
一時の感情に流されることなく

自分の目と耳で納得いくまで確かめ
自分の責任で最終的に判断をしよう!

説得よりも納得

孔明先生は、赤壁の戦いを始め
多くの場面で敵味方関係なく、相手を説得してきたイメージがありますが
実際には、相手を納得させていました。

自分の利益だけを説いて、相手を想い通りにするのではなく
相手にとっての利益をしっかりと伝えています。

この相手を納得させる説得力は
孔明先生ご自身がその目と耳で納得いくまで確かめ
自身の思量の基盤としている日々の積み重ねそのもの。

情報が簡単に手に入る日々ですが
常日頃から、自分の目と耳で確かめる習慣をつけて
自分の納得できる道を歩んでいけるよう心がけたいですね!

今日もお付き合いいただきありがとうございました〜!