ジャイアンのリサイタルしていませんか!?

玄子(げんし)です。

話すのが苦手だから人付き合いも苦手って人もいれば
話すことや自分の意見、考えを述べるのは得意!だけど
人付き合いは苦手って人もいます。

早い話が、話のうまい下手と、人付き合いは関係ないのです!

 

ジャイアンのリサイタルしていませんか!?

 

たとえば、相手の話を遮って、最後まで話を聴かずに自分のことを話し始めたり
話の中心、主語を全て自分が仕切ってしまった挙げ句

「どう思う?」って興味のないことに感想を求められても
相手にとってはジャイアンのリサイタルに付き合わされてるようなもん!
ヘトヘトなので当然、どうもこうもない状態です。

出来ればもう、関わりたくないなって思ってしまいます。

興味のないことに長々付き合わされた他に、意見を求められて、
「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ」ってギリギリの状態で答えたら
自分を持っていないとか、真剣に聴いていないって逆ギレされちゃうと
もう、勘弁しておくんろましって思っちゃいます。

 

自分の痛みだけ主張していませんか?

ジャイアンのリサイタルに付き合わされ、
疲弊しまくった相手の気持ちを考えずに

「誰も解ってくれない」
「私のことをどうでもいいと思っている」
って凹んで被害妄想に駆られてしまったり

「彼らは私のレベルについて来られない」
「住んでる世界が違うって感じ」って傲慢に開き直って
見下し発言を(心の中で無意識にでも)しちゃったら、
そういうのって伝わります。

 

 

そんなジャイアンのリサイタルを続けていては
どんなに知識があっても、
自分の心の痛みだけを主張して
相手の心を思いやれなくなってしまいます。

そんな残念な人間関係を築かないためにも、、、

玄德公に学ぶ・脱!ジャイアンのリサイタル

玄德公は、とても寡黙な人でした。
話すだけでもなく、長々と書くのも苦手。

 

ですが!孤独とは無縁の人で、どんなに窮地に陥っても
玄德殿を慕う人は後を絶ちませんでした。

やっぱり人徳のある人は違うよね〜。

だけで終わらないのが、私淑。

 

玄德公の聴く力

 

玄德殿は、ここぞって時にしか話さない人でしたが、
それでも、諸将がこぞって玄德殿に付き従った理由は

親身になって、真剣に話を聴いた上で
玄德殿自身の意見を述べていたから

玄德殿は耳が大きかったことでも有名ですが
天下万民の意見を聴くには相応しい外貌。

自分の話をしっかり聴いてくれて、
相手にトコトン話させる玄德殿の姿勢がよく解るのが
天下三分の計。

途中で話の腰を折ることなく
黙って真剣な眼差しで聞き入った玄德公の姿は
想像に難くありません。

相手の話を最後まで真剣に聴く。

これって意外と難しいもの。
なので、話すのが苦手な人も
話すのが得意でも人付き合いが苦手って人は
先ずは、自分のことではなく相手の話を
相手に興味をもって、真剣に、親身になって聴く

そんな玄德殿流の聴く力を養ってみては如何でしょうか?

近づきたいのはジャイアンか、玄德殿か。
ご自分の意志で選んで、実践してくださいね!

今日もお付き合いいただきありがとうございました〜!

 

次の記事

その矛先、間違ってない?