志x行動力=人生幹

諸葛流文霊想作家の玄子(げんし)です。

*文霊(あやだま)とは?

時代、時空、国境を越えて読む人の心を動かす力を持っている字には(魂、精神)が宿っているという概念から生まれた玄子の造語です。

孔明先生の文霊はとても奥深く、普通に兵法書として読み流すにはあまりにも、もったいない!
ので!!「現代生活で活用するには?」という私独自の視点と、孔明先生の人柄や魅力を取り入れながらから文霊を想作しています。

前回の文霊 使庶幾之志 の続きからです。

今日の文霊*誡外生書6

揭然有所存

 

今日の心譯

想いや、自分の根幹となるものをハッキリさせる

日替わりではなく、何が遭ってもブレない、誰に何を言われてもブレない根幹・・・
そう!私の心譯でお馴染み。

自分の根幹=人生幹をしっかり築けと私は解釈しました。

人生幹をハッキリさせるには、行動に示すこと。

どんなに口には大義を唱えても、行動が伴わなければ意味がありません。
私が「ブレない」「自分を持っている」と言われるのは
どこまでも三国志だから。どこまでも孔明先生だから。
って言うのを実際に行動に移しているから。

大好きな三国志に学んだことを人生幹にするには
行動あるのみ!!

志と行動力は二つで一つの人生幹になるのです。

と言うことで今回の文霊の心譯はこちら

志を原動力として行動し、人生幹にしよう!

これまでの心譯と重複している箇所もありますが
それは、それだけ孔明先生が強調したかったこと
私が孔明先生から特に強く受け取ったメッセージ。

なので文霊を想作する人によってメッセージの受け取り方は異なります。
正解はないので、自分の心に響く文霊想作をして孔明先生からメッセージを受け取ってくださいね!

心譯*玄子(げんし)

次の記事

人が感動する志とは?