話すのが苦手だから人付き合いは無理!って思い込んでいませんか?

玄子(げんし)です。

話すのは得意ですか?

ー私は苦手です。怖いし緊張します。

話すのが苦手だから人付き合いは無理!って思い込んでいませんか?

ー思い込んでいました(^_^;
話し下手だから暗い、つまんない。
だから人付き合いも上手くいかないんだと。

でも、実は、話すのが苦手
→つまらない、暗いと思われる
→人付き合い苦手っていうのは、

単なる思い込みでしかないのです!

(゚Д゚)ぇえっ!?そうだったの?いつから?

昔から!!!( ̄∇ ̄)

今回はその実例と、学びを三国志の英雄たちに教えてもらいます!

話すのが苦手なことと、人付き合いは関係ないのです!!!

たとえば、、、三国志の蜀の国を建てた初代皇帝・劉玄德殿。

※尊敬する三国志の英雄たちなので敬称は略しません!

とにかく、人に恵まれた『人間磁石』のような人で、田舎で生計を立てていた若い頃から、我先にと多くの人が玄德殿を慕っていました。

三国志の舞台に登場した時も、桃園結義という華々しい旗揚げから始まっています。

二十代で旗揚げした時、後に天下の豪傑と称されることになる関羽殿、張飛殿と生死をともにすることを誓った玄德殿。

特に、関羽殿(髭の長い、緑色の服を着ている人)は、中国全土だけではなく、日本の中華街でも祀られている関帝廟の関帝さま、ご本人です!

神様として崇められている人が命を懸けて尽くした、その魅力とは?

玄德殿は、人を魅了するほど話し上手だったのか?と言えば、違います!!!

寧ろ、その逆!!!

すっごく寡黙な人で、無駄にしゃべらないタイプでした。

言葉にしてしゃべるだけではなく、文章を長々書くのも苦手。

だからこそ余計に、一言ひとことの重さが周りの人を惹きつけたのかもしれません。

この件について

「我々家臣の話に対して、真剣に耳を傾けて、丁寧な受け答えをしてくれたので、「このお方のためなら!」と命を懸けることを厭わなかったのです」

と玄德殿の魅力を述べた人が居ますが、この本音を『出師表』で語ってくれたのは

私の人生の師でもある、諸葛孔明先生でした!!!

ということで!

孔明先生に突撃インタビュー♪

 

マイク寡黙な人として有名な玄德公。
史書『三国志』では、「天下三分の計」を献策した孔明先生に対して、
「善(素晴らしい!)」って一言しか発していないので
「玄德殿の反応はそれほどでも〜だったんじゃ?」と後世で言われていますが?

天下三分の計に対して「善」だけって、、、
「それだけ?」って思わなかったんですか?

 


、、はぁ〜嘆かわしい、、、。
本当に、心底感動した時、その全てに全て、心の内面を饒舌に語れる人間はどれほどいるというのか?

ちなみに君は、話すのが苦手な君自身はどうだ?
人の揚げ足をとる前に自分のことを考えてみよ!

 

マイク、、、確かに。

話すのが苦手なので、肝心な時に言葉が出てこないです。
だから、喜んでいない、とか感謝していないって誤解されます、、、、

∑ヾ( ̄0 ̄;ノっていうことですか!?


棚に上げていた自分のことを振り返って、やっと解ったか?
(玄德)殿はそれに輪をかけて寡黙なお方である。
べらべらと美しい詩のようなことを言われていたら、私の感激も覚悟も醒めていた。以上!

 

マイクあと一つだけ!!!

話すのが苦手だから、人付き合いも面倒で避けている、悩める後世の人間にアドバイスをお願いします!

 

先ずは・・・話すのが苦手だから、人付き合いも苦手だと勝手に決めつけるな!

話すのが苦手なら、その分だけ、心を込めて相手の話を聴け!

それで合わないとおもったら、縁がないだけだ。

君が上手く話せないのを理由に、揚げ足をとったり、軽んじてくるような輩に取り入る勿れ!以上!!

せっかくなので

孔明先生の教えを実践してみた!

私自身も、話すのが苦手なので、孔明先生のアドバイスを胸に、
親身に話を聴くようになってからー

上っ面だけではない、信頼できる人間関係を築けるようになりました!!!

だからこそ、言えるのです!

話すのが苦手
→つまらない、暗い(って思われていると思い込む)

そうなると、誰もつまらない、暗いって思っていなくても
自分で自分を卑下して、
話すのが苦手だから、つまらなくて、暗い人間だから
・・・だから友達が出来ないんだ!!!って決めつけちゃっているだけなのです!

もし、玄德殿が

「俺、話すの苦手だし、喜怒哀楽の情を表情に出さないから、
きっと皆につまんない、暗いって思われているんだろうな、、、」

って思い込んでいたら、どうなっていたでしょうか?

きっと、ずっと、生まれ故郷で蓆を編んで生計を立てて、終わっていたことでしょう。

そう考えると、思い込みって恐ろしい!!!!

なので、今日からは話すのが苦手でも、自分自身の可能性を潰すことなく
玄德殿のように、それを武器にして相手の話を親身になって聴くことで
自分自身の魅力を発揮させてみては如何でしょうか?

 

ということで!!!

今回の学び

話すのが苦手なら、親身になって相手の話を聴け!

でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください