予約したホテルに泊まれない!泊まらせない!止まらない説教!

玄子(げんし)です。
三国志ひとり旅

百害あって一利なし!それ、要らないから!

の続きからです。

分かっていなさすぎる!許さ〜ん!!

予約していたホテルに着くと、タクシーの運転手さんは

「ダメだ!こんな危険なところに宿泊するなんて危険すぎる!」と
私の宿泊を断固拒否!?

「ダメも何も、、、予約しているし、普通じゃん」
確かに周囲は工事していてちょっと危なそうだけど
夜に出歩かないから大丈夫な気が、、、

「中国人から見ても危険なのに普通じゃない!
こういうホテルがどれだけ危険か分かっていなさすぎる!
あなたみたいな美人が泊まるところじゃない!」

、、、美人?もう一回言って〜!?

小姐から美女へ、たまにオバさん

最後の一言は、リップサービスというか(^◇^;)
日本人女性は、日本人女性ってだけで、よく言われるので
この人、私に気があるの?とか思っちゃいけません。普通です。
中国人男性の礼儀みたいなもんかも。ってレベルです。

また、以前は呼びかける時に「小姐!」って呼んでいましたが
最近では、女性は「美女」、
男性は「帅哥(カッコいい兄ちゃん)」って呼びかけるのが定着しているので
中国語って、、、いいっすね( ´ ▽ ` )

美女と言われて反応しても、自意識過剰って思われることなく
呼びかけに反応したって普通に受け止められるので
中国では遠慮なく、美女、と呼ばれてください!

ただ、お子様が敬意を込めて「おばさん」って呼ぶのはやめて欲しいわ。
相手が学生でも「おばさん」って、、、乙女心が分かっていないらしい。
女性を見たら年齢に関係なく、美女でお願いしたい今日この頃( ̄▽ ̄)

 

説教は続くよ、どこまでも

「こういうホテルはドミトリーだから危険だよ!」
と忠告されましたが、私が予約したのは一人部屋。

「一人部屋だから大丈夫さ」と伝えましたが納得できないらしく
ホテルで一人部屋かどうか、確認することに。

「一人部屋だよ」と確認が取れたので、運転手さんにも伝え
「じゃ、そういうことなんで!」とホテルに行こうとするも

「ダメだって!俺が許さん!
こんな綺麗な人がこんなところに泊まったら
何をされるか分かったもんじゃない!」とあり得ない理由を述べてくれます。

「全然大丈夫!だって、、、美人でも何でもないもん。
朝になって明るくなってからバスターミナルに行くから大丈夫さ!」

今日はこのまま一人部屋で寝るだけだし、、、
今まで、ここより驚きのホテルたくさん泊まってきたし
今回もリュックだけで旅するバックパッカーなので大丈夫!と説得しても

「ダメだ!あんたは自分のことが分かっていない!」
おっちゃんの説教は続きます。

「家の外に出たら、余裕を持たなきゃダメだ!
安いホテルで済ませようなんて考えるな!」
旅行で節約するなら宿泊費じゃね?って思うのですが

「とりあえず、俺が許さん!」
予約したホテルに泊まることを阻止され

「すみません、、、友人の家に泊まることになりました」
渋々ホテルを後にし

「俺が安全なホテルに連れて行ってあげるから」と
案内されたホテルは

外国人は宿泊できません

最近の中国、結構あるんですよね。
特に全国チェーンのホテルで。

外国人宿泊禁止(T . T)

何でだよ、、、。

「え?何で!?」っておっちゃんに驚かれたので
中国の人もこの事実はあまり知らないらしい。

「だから〜、さっきのホテルに戻ってよ!」
このままタクシーに乗っていても代金がかかるだけ。

「それは、ダメだ!」
外国人が泊まれるくらいなら、安心じゃない?と言っても
「あんな危険なところに泊まらせるわけにはいかない!」
このおっちゃん、親身なのは嬉しいけど、意外と頑固!?

「しかも、明日、バスに乗って移動するんなら
ここじゃないほうがいい!!」と明日の予定まで考慮してくれましたが

「バスターミナルがこの近くなんだって!」と訴えるも
「ここよりも、もっとしっかりしたバスターミナルにしろ!」
ついに、バスターミナルにまでダメだし!!!

で、結局、おっちゃん曰く「ちゃんとした」バスターミナルの近くにある
ホテルに泊まることに。

ただ、もちろん不安もあり。

「そのバスターミナルって、本当に私が行きたい所まで行くんでしょうね!?」
散々ホテル探して、バスターミナル近くに泊まっても
バスそのものが出ていなかったら完全に無意味!

 

するとおっちゃん、自信満々に曰く

「100%大丈夫だ!青島のあらゆる長距離バスはここから出ている。
もし、バスがなかったら、俺が無料で送ってやるよ」と。

そこまで言うならってことで、やっと合意。

これが安全なホテルなの!?

おっちゃんの意見でホテルを変えることになったので
タクシー代は200元のところ、150元に。

そんなこんなで着いたのは青岛汽车站の近くにあるホテルでした。
「外国人泊まれるか聞いてよ〜」
自分で聞くのも面倒になったので、おっちゃんに聞いてもらうと
外国人宿泊禁止ホテルよりも頼りない感じでしたが宿泊可!

100元のホテルでした。

中に入ると

さ、寒い〜。

バックパッカー御用達な感じのホテル。

電源を入れてお湯にしてシャワーするタイプ、、、
益々寒そう〜〜〜。

写真を見る限りでは、
最初の予約したホテルの方がまだマシだった気が、、、

 

この日は体温保持のため、
シャワーはせずに、寒さと布団を一緒に被って寝ました。

そして朝!!

長居をするホテルでもなかったので
始発のバスに乗り込むべく、5時半に起きて行動開始。

旅もここからが、本番!!!

 

気を取り直して私が向かったのはー

気になったら次回もよろしくです!

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました!!