師せる孔明先生、幾度も私を走らす(10)〜人生初の向学心、秒で却下〜

学びたいことが学べない現実

いくら一目惚れしたとは言え、
余程のことがない限り海外で生活することは難しい。

中国での数日間の滞在で
私の人生と価値観は大きく変わった。

初めて、生きるに値する鼓動が脈を打ったのだった。

両親は時間が経てば興奮も冷めるだろうと高を括っていたが、
私はそれを恐れた。

手始めに通信教育で中国語を学びたいと持ちかけるも

「何をやっても中途半端だからダメ。
お金をドブに捨てるようなことはできない」

積み上げられた真新しい教材の山を指差しながら却下された。

教材はあくまでも学校の試験のためのものであり、
自分が学びたいことではないから、
好きではないから、興味がないから、未読スルーしているだけ。

そんなのと一緒にされても困ると懇願したが、親、聞く耳持たず。

学校では学びたいことが学べず、
家でも保護者の許可がないと学ぶことさえ出来なかった当時。

初めて自分からやりたい!
と抱いた向学心は、僅か数秒で玉砕!

こんな時、英雄達だったらどうするのだろう

表面上の言葉だけ追っていては、
時代も違うし、家庭環境も違うから、
絶対に無理なことが多い。

だからこそ、
時空を超えて学ぶときはそのまま真似るのではなく、
言動の本質に学ぶのがポイントとなる。

授業そっちのけで三国志に没頭した結果、
私は時空を超えて学ぶ術を自然と習得していた。

親に反対されても、中国語を学びたかった私が活用した三国志の教えは

「今出来ることを口先だけで終わらせずに行動で示すこと」だった。

行動に起こすことの大切さは
昔から色んな人が言っているのに
現代でも、行動が大事だと言われ続けている。

それだけ実際に行動に移すことは時代に関係なく、
難しいということなのだろう。

行動力は、あくまでも個人の力、本人次第。

だからこそ、行動してこそ意味があるのもまた確か。

今はネット環境さえあれば気軽に、年齢に関係なく、学びたいことを学べるが、
この時からインターネットが普及していたのなら、
私の中国熱も無難に電子処理されていたかもしれない。

恋愛は障害があればあるほど燃える、
とはよく言ったもので、
中国語の勉強を反対されたことにより、私の想いはさらに燃えた。