本気で取り組めることは何ですか?

諸葛流文霊想作家の玄子(げんし)です。

*文霊(あやだま)とは?

時代、時空、国境を越えて読む人の心を動かす力を持っている字には(魂、精神)が宿っているという概念から生まれた玄子の造語です。

孔明先生の文霊はとても奥深く、普通に兵法書として読み流すにはあまりにも、もったいない!
ので!!「現代生活で活用するには?」という私独自の視点と、孔明先生の人柄や魅力を取り入れながらから文霊を想作しています。

ただいま孔明先生著「誡子書」の文霊に学んでいます。

今日は前回の文霊 非志無以成學 の続きから。

今日の文霊*誡子書8

慆慢則不能勵精

慆慢:怠慢

勵精:精励する

怠慢であれば精励することはできない。と言うのが意訳ですが

もうちょっと噛み砕いて私の日常生活レベルの日本語にしたのがこちら

今日の心譯

 

怠慢な態度ではいつまで経っても全力を尽くして
一生懸命取り組むことはできない

ずっとテレビやネットサーフィンばかりをしていても知識は増えません。
人生の貴重な時間が減るだけです。

ストレス解消や癒し、自由時間と怠慢さは違います。
いつまで経っても口先だけで、何一つ行動に移せないまま
何となく、仕方なくやっていても生き甲斐を感じることはできません。

そんなのなくてもいいって人はそもそも、誡子書を読んでも意味がないので論外でござる。

本気で一生懸命取り組めること、大事にして生きたいですね!

前の記事

学ぶ目的、情熱はありますか?

次の記事

自分を高める心の下地