私淑派*三国演義第2回【張翼德怒鞭督郵 何國舅謀誅宦豎】

三国志作家の玄子(げんし)です。

とりあえず、三国演義各回のタイトルだけを読んでみるだけの地味な企画。
プラス!そこはかとなく私淑する私淑派*三国演義

今回で2回目ですが三国演義の流れを一通り知っている人向けですので内容については各自、頭や心の中で思い浮かべてください。

第一話では、桃園結義で義兄弟になった玄徳殿、雲長殿、翼徳殿。

黄巾軍との戦いで著しい戦功を挙げるも、義勇軍って理由で正当に評価されませんでした。

それでも、なんとか、かんとか、やっと与えられたのは、小さな田舎町の官職。

でも、職業に貴賎なし!が玄徳殿のポリシーなので、一生懸命、民衆に寄り添って職責を果たし、気付けば民衆に慕われまくっていました。

が!そんな幸せさえ長くは続かなかったのです。

第2回では早くも張らんです!

張翼德怒鞭督郵

張飛、ではなく字で翼徳(史書では益徳)と書かれているあたり、羅貫中さんの思いが出ています。

益徳と翼徳、中国語の発音はどっちも「Yi de」同じ。

名前の「飛」から「益より翼の方があってんじゃない?」って思ったのかも。

その辺は、羅貫中さんにお任せします。

 

さてさて。前半部は翼徳さんが、督郵(官位名です、人名ではござらん)を怒って鞭打つ。

まさに絵に描かれている状態そのものです。(絵は張飛牛肉のパッケージです)

中国語が分からなくても意味がわかる日本人の強み♪

それでも日本語で言うとこんな感じでしょうか。

張翼徳殿、督郵を怒りの鞭で叩きのめす!

この名場面。史書やNHK人形劇三国志では翼徳さんではなく、玄徳殿が鞭打っています。

でも、だとしても、翼徳さんが黙っているはずがない!

翼徳さんに鞭打たれた方が怪力だし、怖いし、痛そうです。

成都武侯祠にいる張飛さん↑こ、怖い!

鞭打ったのは、玄徳殿であれ、翼徳殿であれ、二人交互に、であれ、この場面はスカッとジャパンならぬ、スカッと三国志!?

関羽殿は髭を撫でながら頷いていそう。(^^;;

で。この場面に学べるのは色々あれど当店一押しはこちら

肩書きに媚びない強さ

詳細は割愛しますが、朝廷からの使いを鞭打ちにしちゃうなんて!

「こんな奴でも朝廷の使いだし」ってためらう玄徳殿に
「だからと言って、こんなやつにヘコヘコしてまで耐えて、何になるんすか?」

熱く冷静な関羽殿と今にもブチ切れそうな張飛殿の意見、そして数多のスカッとした後世人の想いを受け入れた玄徳殿は、相手の肩書きに平伏して、民衆を危険に晒してまで続けるのって、、、違〜〜う!!
って心の本音を解放しビシバシとやってくれました。

仮にこの時、相手の肩書きが凄いからって理由だけで督郵の言いなりになったり、鞭打ちせずに罷免されていたらどうなっていたでしょうか?

自ら官を辞して虎牢関の戦いまで身を潜めていた玄徳殿たちが曹操閣下に一目をおかれたのは黄巾との戦いに加え、この鞭打ち事件があったからではないでしょうか?

なぜって私の仮説ですが、曹操閣下も若かりし頃、高官を殴打した実績があったのでパッとしない連合軍にありながら
「面白そうな奴らだ!!」と目をつけたのかもしれません。

ある意味、似たもの同士?

鞭打ちにしなくても、相手が誰でも自分の志を貫くって容易ならぬこと。ましてや目上の人となれば。
ただ、ここで注意したいのはいっときの感情や勢いに任せて、ではなく辞職や今生の別れを覚悟を決めて行うこと。

自分の言動に責任を持って、自分にとって大事なことを貫き、或いは守ってくださいね!

続いて後半部分はこちら

 

何國舅謀誅宦豎

何国舅って何進のことです。

宦豎って、本来は豎宦で宦官って意味なんですが、なぜ漢字が逆になっているのかといえば、、、

古代漢語辞典曰く宦豎とは、宦官の蔑称である!と。

へ〜って思うけど、今時、この中国語を覚えたところで使いようはありません!

でも、現代では使えない、だから何?って話です。

三国志への理解が深まる、また嬉しからずや〜!ただ、それだけ(笑)

この後半のタイトルを日本語にするとこんな感じ。

何進、宦官どもを誅殺する

この辺は、特に何ってことなくないですか?(^◇^;)

前半の玄徳殿たちの活躍に比べると、ウダウダ感があってドラマを見てもどうしても眠くなってしまう箇所なので、個人的な学びとしては、、、

そんなんだから、黄巾軍が立ち上がったんでしょうが!って感じです。

あとは、一夫多妻の時代とはいえ、女同士の争って怖いわぁ〜。
人の気持ちは時代や制度に関係ない!ってことですね。

宮廷が舞台の話は個人的都合により、あっさり適当ですので以後、ご了承ください。

ということで第二話目の今回は

張翼徳殿、督郵を怒りの鞭で叩きのめす! 何進、宦官どもを誅殺するってよ!

でした。